【佐賀】農家民宿のパイオニア具座、五右衛門風呂!釜戸!囲炉裏!

2月下旬、九州の農家民宿の中で際立って有名な「具座」へ訪問してきました。

2017年2月時点ですでに10年の実績もある農家民宿界での老舗です。

以前から「具座」が気になっていた、オーナーの藤瀬夫妻にお会いしてきました!

具座ってどんなところ?っていうのを簡単ですがご紹介します。




「日本昔話かっ!!」と思うような、日本の原風景。

福岡と佐賀の県境にある三瀬峠エリアに位置する民宿(佐賀県です!)。

山に囲まれた自然豊かな場所で季節ををフルに感じることができます。



新しい旅の形を確立していく「具座」

「具座」は、前述した通り、頼もしい実績があり安心かつ信頼の民宿です。

なぜかというと佐賀県農業賞、先進的農業経営の部で優秀賞を受賞しているんです。

グリーンツーリズムという旅の形を具現化してい九州の代表的な農家民宿です。

農家民宿は、一周回ってまさに新しい旅の形です。



畑の写真は2月ということもあり、冬の寒気さが伝わってしまう様子。

しかし、民宿で食べる朝と夕の食材も民宿の前の畑から調達してくれ、

四季の野菜を楽しむことができる農家民宿の醍醐味でもあります。

実際に「具座」では、魚やお肉以外の、お米や野菜の自給率がかなり高いとのこと。

スーパーで並ぶ前の安心安全な食物は、高級ホテルや旅館でも、食べることはできないクオリティです。



囲炉裏!!五右衛門風呂!

では、「具座」の何が魅力的なのか!?

まずは、ユニークな昔ながらの日本のアイテム?たちをご紹介します。

具座は基本的に貸切ですので、宿泊者たちはこれらを独り占めできます。

こんな宿は本当に、日本の中でも希で、自分自身こういった宿に泊まったことは一度もありません。


まずは、囲炉裏

日本人でも囲炉裏なんて経験したことがある人はごく僅かなのではないでしょうか。囲炉裏で温まりながら食べる夕食は絶品間違いなしです。




つづいて、釜戸

薪を入れ火加減を調整をするという昔ながらの暮らし。かなりレアな珍しい民宿です。




個人的に一番のオススメ、、、五右衛門風呂!!

凄いです。まさか五右衛門風呂があるなんて、驚き以外のなにものでもありません。




まさに、テレビの中の世界ですね。薪をいれながらお風呂に入るなんて、なんて情緒あふれた生活スタイル。随分と昔に遡ったような感覚だけど、これがまさに新しい旅の形です。




もう最後に一つ、暖炉

「具座」は10名目安で宿泊できるので、団体旅行に最適です。皆で暖炉を囲いながら、夜を過ごすことも貴重な体験です。




具座とは? 〜藤瀬夫妻のお話〜

「具座」のはじまりについて少しお話を伺ってきました。

遠目からの一枚ですが、具座のおかみさん。

当日は体調が悪い中、ご協力いただきました。ありがとうございます!



好きなことの延長上の民宿、準備したことは特に無い。

元々料理屋をしてたぐらい料理が好きっていうこともあるし、昔から友人達などがお家に宿泊することが多く、人と接することが単純に楽しくて好きだったんです。今までの生活の延長上にたまたま民宿があったんです。

民宿をしようと決めてから、すぐに納屋を改装し宿泊施設としての準備をした以外は、三瀬の日常を見せることを努めているから、何か料理を特別にしたとか、背伸びをするようなことは何もしていないんです。


田舎で作られる、切り干し大根。



昔のお家にあった保存食。昔ながらの日本の風景。



10年間おおきな苦情やトラブルがほぼ無し!

本当に驚く快挙です。2017年2月末時点で約10年の歳月が過ぎていますが、苦情といった苦情や大きなトラブルはゼロだとのこと。その理由に、具座に来られる方は、基本的にホテルや旅館のようなサービスを求めていないからとのこと。





「遊び心」を持って臨む、最近の旅のかたち!

具座オーナーさん曰く、「田舎の暮らしは都会から比べて不便なところが必ずある。でも田舎にしかないものもたくさんある。だからこそ、不便も田舎も楽しむ気持ちできている人が多いのでは?」とのお話でした。完全でないからこそ、最近の旅は冒険気分が大事なんだと。ルートが決められた旅行ではなく、個人旅行で、試行錯誤しながらたどり着く。そうすることで、その土地のことも知ることができる。2016年からは、急激に韓国、台湾、香港からの個人旅行者が増えたそうです。普通の宿とは違って山奥の辺鄙な場所であっても、レンタカーやJR、バスを駆使して外国人の方も来るとのこと。場所については、行く前に必ずご確認ください!

住所:佐賀県佐賀市三瀬村藤原1097



「具座」が大切にしていること

具座が大切にしていることとは?続いてはそんなお話。未来も楽しくなるそんなプランを考えられていました。


田舎に興味ある人たちとの交流を楽しむ。

こういった宿だからこそ、とにかく交流を大切にしたい。違う土地に暮らす人たちとの交流を楽しみにしているんだと感じました。お話の時間も快く受けてくれたこともその表れなんだと思います。

「具座」は、日本の昔ながらの物が溢れている場所で、宿泊するだけで異空間を体験できますが、それ以上に藤瀬夫妻の話しやすい朗らかな雰囲気に不思議と居心地の良い時間を過ごしていました。

※ちなみに、もちろん無理に交流を求めるわけではないので、その辺はご連絡時にきちんと希望の内容などを確認しましょう。

地域の活性化に繋げたい。

農家民宿は地域と触れ合うことが目的の一つでもある。地域に新しい人が来てくれて、この土地の暮らしに根付いた文化を体験して欲しい。実際に何も観光もなかった山深い田舎の三瀬村ですが、「具座」目当てに年間500人以上の人たちがこの地域を訪れています。紛れもない地域への貢献を果たしてくれています。リピーターや、関東や関西からのお客さん、大学の授業の一環での利用、はたまたアジアやヨーロッパからの方なども具座の魅力に引き寄せられています。将来はどんなところになるんだ!?と興味深い限りです。


1組ずつ丁寧に受け入れたい。

年間500人以上を受け入れている「具座」。今は楽しみながら民宿の運営ができているということが、お話をしていて、すごく伝わってきました。きっと、オーナーの藤瀬夫妻が農家民宿を楽しんでいるからこそ、「具座」に来られる方も一緒にオーナーと一緒に楽しむことができるのだと。これからも今まで変わらないスタンスで、「具座」らしい農家民宿を運営してくれるはずです。

※宿泊の際は、人数や到着予定時間、連絡先などは必ず確認お願いします。


お部屋は2部屋あり、10名目安まで宿泊可能です。階段を上がって左手のお部屋。


こちらが階段上がって、右手のお部屋。こちらのお部屋の方が大きいです。家族や友達など団体で宿泊可能。



こちらは宿泊施設の居間。冬はコタツもあります。




未来の「具座」

最後に、未来の具座について。これまた興味深いお話でした。聞いていてこちらもワクワクします。


「具座」の環境をフル活用

「具座」の周りには山、川、畑、田んぼなど大自然があるのです。自然は、季節ごとに色々な表情をみせてくれ、四季折々の楽しみかたが「具座」にはあるのです。宿泊される方は、山の中を散策したり、川遊びをしたりすることが多いそうです。栗を拾ったり、きのこをとったり、畑から野菜をとったり、田舎の中での暮らしは、生活の基本が存分に詰まったものとなっています。ちなみに今は山歩きのコースなども手作りで作成中です。山を資産として、山にお店ができたり、観光コースなどをつくることで、これまた地域を元気にさせることにつながるのです。




ツリーハウスを将来的にゲストと一緒に20棟ぐらい作りたい

驚きのプランです。今、計画中の一つとのこと。具座に遊びに来る方の特徴に、この三瀬の田舎を一緒に楽しむ人が多いそうです。そこで、宿泊される方や、宿泊しないでも遊びに来る方などが、一緒になって具座の裏山にツリーハウスをみんなで楽しみながら作ったら面白いものができるんのではないか?と今計画中なのです。これは、間違いなく、面白いものができるに決まっています。例えば、福岡の都心に住むゲストが週末は自分でつくったツリーハウスに泊まったりなど都会と田舎のリアルな2拠点生活ができるのです。面白い暮らしの形が現実になりそうです。


ドローンも活用!?

オーナーさんがドローンの活用も考えらていることに、ツリーハウス以上に正直驚きました。具座の裏山は、何もないからこそドローンの練習をしても迷惑になることはないそうです。山や畑ということもあって、水のあるところとは異なり、万一ドローンが落ちても壊れる危険性も少ない。ドローンをお持ちの方は練習のため、ぜひ「具座」さんへご宿泊を!さらにドローンを使って、宿泊客の山歩きに活用したりといった構想も練っています。とにかく、楽しむ姿勢については脱帽です。



長い紹介となりましたが興味がある方、具座に泊まりたいかたはぜひご連絡を。

藤瀬夫妻が三瀬で温かく迎えいれてくれますよ。

毎日の暮らしの中に、田舎の週末という刺激を取り入れてみてはいかがでしょうか。















  0
  0
【FAQ:ホスト】ゲストへの問い合わせ対応
Back
 
東京シェアハウスで、主に西日本と海外を担当している者です。

九州〜関西、海外とよく移動しておりノマドですが、拠点は福岡です。
おかげで一ヶ月から数年単位で暮らした都市はたくさんあるので気軽に海外相談してもらったらです。
*バンクーバー、トロント、セブ、シドニー、台北、ソウル、NY、バンコク、ホーチミンなどなど*

今後も、世界が小さくなるような活動は継続しますのでよろしくです。
コメント
0
おすすめシェアチケットマガジン