シェアする価値を創造し、世界に届けよう。


本日、「非日常を体験しよう」をコンセプトに、シェアチケットhttps://shareticket.jp)を正式に開始致しました。





展開当初は、個人サービスの売買といった幅広い分野の対応を目指していましたが、実際に事業を開始すると、短期宿泊や現地体験サービスの需要が高く、それならいっそのこと「宿泊と体験に特化しよう」と、サイト方針を修正してのローンチとなりました。




面白いことに、サービスの運営方針が定まると、旅好き、ゲストハウス好きなメンバーが集まってくれて、気づけば、東京シェアハウスの100%子会社となる株式会社シェアチケットを設立、京都に拠点を設け、旅行業免許まで取得して今日を迎えることができました。




シェアチケットでは、従来の旅行サイトより、もっと地域の日常に踏み込んで、物語のある宿泊施設、現地の文化、歴史に触れることができるようなユニークな体験を掲載していきたいと思います。







また、サービスを利用して下さる方々が、それぞれの地域に根付いた暮らしや地域コミュニティとつながり、日常から離れていた価値観に触れたり、理想としていたライフスタイルが見つかるような、そんな未来を目標にしています。







掲載する物件には、インバウンド需要からか、民泊の掲載依頼も頂いてはいるのですが、シェアチケットでは、アパートからマンションの一室まで何でもあり、という事業規模拡大を最優先ではなく、事業者の方々が運営されているゲストハウス、民宿といった簡易宿泊施設や旅館の掲載を中心とし、民泊については、その地域で暮らす人々や行政の方々と、対話しながら、サービス展開していく予定です。


全国はとても広いので、どこまで実現できるか分かりませんが、これまで東京シェアハウスが辿ってきた活動のように、可能な限り、メンバーが実際に現地に足を運んで、実際に体感して上で、出来れば、その地域を盛り上げようとされている方々と一緒になって、紹介していきたいと思います。






僕自身、20代は本当に旅が好きで、色んなゲストハウスを泊まり歩いた時期があるので、この年齢になって、学生の頃、思い焦がれていた事業が実際に展開できる事は本当に嬉しいし、宿泊施設を運営する人は、やっぱり人好き、旅好きなが多いはず。



そんな人達は、誰もが、映画になりそうな物語を経験していたり、世界に届けたくなるような思いで溢れていると思うので、どこまでその価値をお届けできるかは分かりませんが、このシェアチケットマガジンでは、そうした物語もお伝えしていければと考えています。










紙面を賑わすような事業家はよく、「世界を変えたい」と口にするけれど、僕は最近、「変わらなくても良いから、その価値の尊さや大切さ」を多くの人に伝える事が大切な時代でもあるんじゃないだろうか、そう考える事も増えました。



人工知能や仮想現実が日常の一部となる生活が目前に迫っている時代なのは分かるけれど、結局のところ、どんなテクノロジーも僕らの生活が豊かになって始めて価値がある訳で、都会にいると、地方に溢れていたものに触れる機会が減っている事だってあると思う。



世界の在り方は、心の有り様で、映る景色が180度変わると思うけど、そうした心境の変化を変えるきっかけになるような、人とつながることで、新しい価値が生まれるような、そんなサービス展開を目指そう。僕らはそう考えています。






「シェアチケット」を通して、世の中に少しでも多くのつながりや居場所がうまれて、未来につながれば、そんな思いとともに、サービス提供を目指してまいりますので、今後とも、シェアチケット、並びに東京シェアハウスをどうぞ宜しくお願いいたします。


株式会社シェアチケット

代表取締役 森山哲郎


  6
  0
“人とのつながり”が人間を成長させる
Back
 
本サイトのサービス責任者です。世界中にあるモノ、コト、ヒトがもっと気軽につながれるような社会構築を目指してます。世の中には、あまり世間に知られていないけど、もっと自由で、豊かで、面白い物語がたくさん潜んでいると思うので、そんな世界を見つけて、広げていきたいと思います。
コメント
0
おすすめシェアチケットマガジン