この夏は淡路島でワーホリ!海と自然に囲まれた島で非日常体験(後編)

        

前回の記事では、淡路島の魅力や歴史などについて多く触れましたが、後編の記事では、ふるさとワーキングホリデーで体験できる仕事内容について詳しくご紹介していきたいと思います。


ふるさとワーキングホリデーとは、都市部の若者(大学生等)が、一定期間地方に滞在し、働きながら地元の方々との交流などを行う、いわば”国内版”ワーキングホリデーのことであり、シェアチケットでは兵庫県淡路島を舞台に行われるふるさとワーキングホリデーの概要、さらには、現地で参加できる仕事体験についてご紹介していきます。


日本夕陽100選にも選ばれる海沿いリゾートレストラン「クラフトサーカス」



「クラフトサーカス」は、淡路島の海沿いの空間を舞台とし、開放感溢れる会場で開催されるビーチテラスレストラン&クラフトマーケットです。海沿いに設置された100mを超えるウッドデッキでは、淡路島産の食材を使用した新鮮な料理が楽しめます。




また、レストランだけでなく、新設されたバザールスペースでは、アーティストやクリエイターによるクラフト雑貨、ハンドメイド作品、世界各国の伝統工芸品などの商品がずらりと並び、食事だけでなく、お買い物も一緒に楽しめるスポットとなっています。






実際に韓国・ベトナム・香港・イタリア・フランス・バリ・ドイツなどへ買い付けに行った商品が取り揃えられているため、ここでしか買えないもたくさん並んでいます。




ちなみに、「クラフトサーカス」の入り口に置かれたインパクト◎な巨大な象の像。こちらも実際に現地まで買い付けに行ったのだそうです。




週末などは音楽やダンスなどのパフォーマンスが楽しめるステージイベントも開催されるため、淡路島の海と夕日の景観を眺めながら、飲食・バザール・パフォーマンスまで堪能できる、まさに遊び心溢れるリゾート空間。




賑やかな雰囲気の中で働きたい、海沿いから眺望できるオーシャンビューを眺めながら働きたいという方には、是非オススメしたい場所です。晴れた日には美しいサンセットを拝むこともできます。


募集概要については下記の通りとなります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【募集人員】20名〜30名

【勤務場所】兵庫県淡路市野島平林2-2

【業務内容】ホールスタッフ、キッチンスタッフ、物販スタッフ、調理サポートスタ

      ッフ

【雇用期間】8月1日〜9月30日まで

【勤務時間】①9:00~18:00 ②10:00~19:00 ③11:00~20:00 うち休憩時間 12:00

      ~13:00(変動の可能性あり)

【賃  金】時給950円(平日・土日祝同一金額)

【休日休暇】週休2日(シフト制) ※木曜定休(8月は毎日営業)

【宿泊場所】絵島館 ※変更の可能性あり 1部屋あたりの利用人数は1名です。

【宿泊設備】自動販売機あり。共用設備(トイレ、大浴場、小浴場、洗濯機、冷蔵

      庫、キッチン、談話スペース)

【宿泊料金】宿泊費は無料。食費は個人負担(昼食:300円、夕食:食事半額・ドリ

      ンク有料)。

【イベント】交流イベントがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


元小学校をリノベーションした人気観光施設「のじまスコーラ/ミエレ(姉妹店)」



続いてご紹介するのは、2010年に閉校となった淡路市立野島小学校をリノベートし、自然やアート、美味しい料理が堪能できる観光施設として蘇った「のじまスコーラ」です。




1F~3Fまであるこちらの施設は、マルシェやレストラン、カフェを始め、各階ごとに色が異なり、淡路島を代表する観光施設の一つとして、今では年間15万人以上の観光客が足を運ぶ人気スポットとなっています。




元々校庭であった場所は訪れた人たちが寛ぐことのできるテラススペースとなっており、どこか異国の洋館を彷彿させるデザインが印象的です。独特の世界観に目を奪われてしまいます。





中へ入ると、1Fがベーカリーやカフェ、さらには採れたての地元野菜や淡路島の土産が揃うマルシェ(直売所)となっており、マルシェで扱っている商品は約250種類もあるそうです。お買い物をするならオススメの場所です。




2Fはなんと世界のシェフ1000人にも選ばれた「地産地消」の匠であるイタリアンシェフ"奥田政行"氏が手掛ける関西唯一の店舗「リストランテ・スコーラ」が入っています。




中世の貴族の館へ迷い込んだようなデザインとインテリアが特徴的で、思わず写真を撮りたくなる場所でもあります。




また、レストラン内にはなぜか旧式のBentleyの車が飾られていました。ちなみに、こちらの車はまだ実際に動くそうです。車好きには堪らない代物かと。




そして、最後にご紹介する3Fには海とサンセットを一望しながらBBQが楽しめるオーシャンテラス&キッズスペースが用意されています。




屋内スペースのこちらは、もともと図工室だった場所だそうで、現在は敢えて当時の雰囲気を残しつつ、BBQキッチンとして利用されています。




その他にも、もともと校庭であったスペースには駐車場としての活用だけではなく、アルパカやヤギなど飼育されている「のじま動物園」があります。まさに、大人も子供も楽しめる観光施設となっています。階によって雰囲気がガラリと変わる(特にデザインとインテリアが特徴的)ので、働いていても飽き足らない場所なのかなと思います。廃校の活用の仕方も斬新なので、使われていない学校の新しい活用事例として見てみるのも面白い場所です。


また、「のじまスコーラ」の姉妹店となる「miele(ミエレ)」という海沿いのレストランがあります。mieleとはイタリア語で"はちみつ"を意味し、名前のとおり、はちみつを使った料理提供するレストランです。ハンバーガーやカレー、ピザなどどれもボリューム満点で大満足の料理メニューばかり。




こちらも「のじまスコーラ」と併せて仕事体験ができる場所となっており、「クラフトサーカス」と同様にオーシャンビューを眺めながら働くことができます。基本的には、レストラン、カフェのホールスタッフ、マルシェの販売スタッフとして当施設で働いていただきます。「のじまスコーラ」と「miele(ミエレ)」の募集概要は下記となります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【募集人員】8名

【勤務場所】兵庫県淡路市野島蟇浦841-5

【業務内容】ホール、販売スタッフ

【雇用期間】8月1日〜9月下旬まで(うち、2週間〜1カ月)

【勤務時間】10:00~19:00(シフトにより変更あり) うち休憩時間 1時間  

【賃  金】時給950円(平日・土日祝同一金額)

【休日休暇】週休2日(シフト制) 

【宿泊場所】調整中。

【イベント】交流イベントがあります。淡路島の観光各所のツアーを開催!

【特  典】関係施設(スコーラ、ミエレ)での飲食は社員割適用(半額、但し飲料

      代は割引対象外)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


日本最大級の自然体験型アニメパーク「ニジゲンノモリ」



「ニジゲンノモリ」とは、淡路島と兵庫県の本州を結ぶ場所に位置する「兵庫県立淡路島公園」内に2017年7月オープンしたアニメパークです。




画面や紙面を前に、一人屋内で楽しむことが多いアニメや漫画にゲーム。これら"二次元コンテンツ"の世界観を、五感を使い、体を動かしながら体験することができます。最新テクノロジーを使用し、まるで作品の中へと迷い込んだ錯覚を起こす幻想的なアトラクションや、二次元コンテンツの世界観を踏襲したアクティビティなど、アニメをはじめとしたクールジャパンコンテンツへ"新しい価値"を付加した体験が待っています。


その他にも、あのクレヨンしんちゃんとコラボしたアトラクションエリアもこの夏新たに新設され、子供たちが楽しめるスポットも続々オープンしています。




こちらはクレヨンしんちゃんの映画シリーズでも未だ絶大な支持を受けている「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の世界をモチーフにした巨大アスレチック。難易度別に3つのコースが用意されています。




その他にも、最長225mと140mの往復ジップラインが楽しめるアトラクションも新設されました。




途中、水の大砲の攻撃が待ち受けているポイントもあり、夏らしいオプションが追加されたアトラクションとなっています。


ニジゲンノモリでは、まだオープンしたばかりの日本初の体験型アニメパークの立ち上げに関わることができます。テーマパークの中で、実際にキャストとして仕事を行うことで、サービス業のノウハウを培うだけでなく、空間の雰囲気作りや細部にわたる演出まで内部から学ぶことができるのではないかと思います。


自然溢れる公園内で五感をフル活用し、人と関わりながら行うお仕事に興味がある方は是非お問い合わせしてみてください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【募集人員】30名

【勤務場所】兵庫県淡路市楠本2425-1

【業務内容】ニジゲンノモリの運営①パークコンシェルジュ(総合受付・インフォメ

      ーション等)②パークキャスト(イベントやショップ、チケットセンタ

      ーの運営等)③アトラクションキャスト(アトラクション内でのゲスト

      誘導等)様々な業務に携わっていただきます。

【雇用期間】7月10日〜9月20日まで

【勤務時間】9:00~23:00(実働4~8時間)※シフト制 うち休憩時間 12:00

      ~13:00(1時間)※変動有

【賃  金】時給1,300円(平日・土日祝同一金額)

【休日休暇】週休2日(シフト制)

【宿泊場所】近隣宿泊施設

【宿泊間取】個室ありのルームシェア

【宿泊料金】1日4,500円(補助により実質負担500円/日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


働きながら非日常が感じられる場所(参加者の体験談)

最後は、現在淡路島での「ふるさとワーキングホリデー」に参加されている方の生の声をご紹介したいと思います。※下記参加者の感想。


〜S・Tさん体験談〜


僕は2017年7月15日から淡路島でのワーホリに参加しています。ふるさとワーホリでは、現地の宿泊施設に滞在し、現地での仕事を軸にその土地での暮らしに触れることができます。


この企画の中で紹介されている仕事は、下記の通り、農作業から養鶏場での鶏の飼育、さらには、ホテルやカフェ、レストランでのサービス業など多岐渡り、業種は様々です。



※農業のお仕事の様子。淡路島の名産である玉ねぎや地元野菜の収穫、出荷準備などの様子。



※淡路島は実は線香生産量が日本一なのです。線香・お香の製造販売も体験することができます。


※貴重な国産鶏を飼育している北坂養鶏所。丁寧に飼育された鶏から採れる卵は全国にファンがたくさん。



※たまごをまるごと使ったプリンはこの養鶏場の直売所の名物商品です。


僕自身は現在、この記事の中でも紹介されている「クラフトサーカス」という海沿いのリゾートレストランで働いています。勤務が割り当てられている日は、朝から夕方までしっかりと働きます。今の時期は夏休みに差し掛かる時期ということもあり、週末ともなればたくさんの観光客の方が足を運び、正直忙しいです(笑)。


しかし、忙しいからといって、心配する必要はありません。スタッフの方は優しくて親切な人ばかりなので、わからないことがあれば何度でも丁寧に教えてくれます。また、業務自体もそこまで難しいものではないので、一度覚えてしまえば、効率良くこなせるようになると思います。


ここでの仕事の醍醐味は、何より海を眺めながら働くことができることです。そして、カメラを使ってお客様の大切な思い出の一枚を撮影したり、仕事を通して新しい人との繋がりができたり、働きながらも非日常を味わえることが魅力だと思います。




休日には、淡路島のサービスエリアに足を運び、景色や食事を楽しんだりしました。特にここから眺望できる明石海峡大橋や海の景色が最高で、夜になると美しい夜景を楽しむことができます。また、淡路島の特産の玉ねぎを丸ごと一個使った"丸ごと玉ねぎカレー"は是非一度食べていただきたいです。


今後については、ワーホリ参加者の交流会などが企画されているので、全国各地から訪れたたくさんの参加者の方と交流できるのを今からとても楽しみにしています!


これからワーホリに参加されるという方は、是非淡路島現地でお会いしましょう!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


いかがだったでしょうか?今回ご紹介した「ふるさとワーキングホリデー in 淡路島」では、広い海と自然豊かなロケーションで様々な仕事を体験することができます。また、ただ仕事だけを行うだけではなく、地域の人や他県からワーホリに参加している人たちとの交流が楽しめるのもこの企画の醍醐味でもあります。休日は島内を観光したり、仲間と海水浴やマリンスポーツ、BBQをしたり、きっと都会とは違った休日の過ごし方を楽しむことができると思いますよ。


この夏は、淡路島を舞台に非日常的な体験と新たな出会いに心躍らせる日々を送ってみてはいかがでしょうか?淡路島でのワーホリに興味を持った方は下記より是非一度お問い合わせください。


  1
  0
11月25日はブラックフライデー!年に一度の大バーゲンセールの日
Back
 
アメリカ法人 ディレクター。宮城で生まれ育ち、大学から東京へ上京し、海外での滞在を経て、今現在は京都で事業を行なっています。あらゆるモノ・コト・ヒトに対する「シェア」の価値を世界中に広めていきます!
コメント
0