【京都 街歩き】フォトジェニックスポット多数!南禅寺・銀閣寺エリアを楽しむ

京都にある南禅寺、永観堂はご存知ですか?秋になると紅葉が綺麗なスポットとして、たくさんの観光客が訪れますが、この周辺には観光できる箇所が多く、丸々一日楽しめてしまう場所だと思います。そんな、南禅寺・永観堂エリアのオススメスポットを今回はご紹介します。


①全長582mの傾斜鉄道跡【蹴上インクライン】

(出典:シェアチケットマガジン編集部)

蹴上インクラインは南禅寺の近くにある傾斜鉄道跡です。インクラインとは、傾斜面にレールを引いて、動力だけで台車を動かし、船や貨物を運ぶ装置のことを言います。


(出典:シェアチケットマガジン編集部)

子供がレールの上を駆け上がりながら喜んでいる姿が印象的でした。こちらもフォトジェニックな写真が撮影できる観光スポットとして人気です。



②映画やロケでお馴染みの水路閣【南禅寺】

(出典:シェアチケットマガジン編集部)

南禅寺は、臨済宗南禅寺派の大本山。南禅寺といえば、琵琶湖の湖水を京都市内へ引くため1890年に建てられた水路閣が有名です。


(出典:シェアチケットマガジン編集部)
特に最近ではフォトジェニックなスポットとしても人気で、着物を来た観光客がこの水路をバックに写真を撮影している姿も多く見受けられます。

(出典:シェアチケットマガジン編集部)

寺社内は、訪れた誰もが写真を撮影したくなるようなスポットばかりで、若い人たちにも是非オススメしたい観光スポットの一つです。


蹴上インクライン



(出典:シェアチケットマガジン編集部)

永観堂は南禅寺のすぐ隣に位置するお寺で、南禅寺を観光した後、歩いて永観堂まで行くことができます。永観堂も紅葉スポットとして有名な場所で、庭園内を彩る約3000本のもみじが圧巻の景色です。


(出典:シェアチケットマガジン編集部)

永観堂釈迦堂、阿弥陀堂までの廊下や境内から見える景色も美しく、外の景色〜寺社内まで丸々楽しめる場所です。



④多くの哲学者が愛した小径【哲学の道】

(写真素材:PIXTA)

哲学の道は、南禅寺の水路閣から流れる疎水(そすい)に沿って続く約1.7kmの散策道です。こちらの散策道は南禅寺から銀閣寺までを結び、桜や紅葉の観光スポットとしても人気の場所です。

 
(写真素材:PIXTA)

暖かく晴れた日には絶好の散策スポットとなるので、是非南禅寺から銀閣寺まで少し長めのお散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか?



⑤琵琶湖疏水を辿る街歩きの最終地点【慈照寺銀閣】



そして、慈照寺銀閣が今回の水路閣沿いを歩く旅の最終地点です。豪華な装いの金閣寺とは対照的に地味な印象の銀閣ですが、足利義政が建てた日本らしい侘び寂びの哀愁漂う立派な別荘であり、コアなファンも多い寺院です。世界遺産にも登録されています。



【京都 疎水沿い 街歩き】ルートマップ


いかがだったでしょうか?京都市内の北東エリアにはフォトジェニックな観光スポットがたくさん点在しています。しかも1日で一気にまわることができてしまうので、短い期間での滞在で、より多くの観光スポットを訪れたい方にはうってつけかと思います。また、写真好きな方も是非この記事を参考に京都観光を楽しんでみてください!







  0
  0
11月25日はブラックフライデー!年に一度の大バーゲンセールの日
Back
 
出身/宮城県 在住地/京都府
ライター。宮城で生まれ育ち、大学から東京へ上京し、海外での滞在を経て、今現在は京都で事業を行なっています。「泊まる〜暮らす」の導線づくりをしています。
コメント
0