コンパクトシティ宮崎 高鍋町おすすめグルメ旅

宮崎県高鍋町といえば、知る人ぞ知る「餃子の町」宮崎県の餃子消費がトップ3に入るのもこの高鍋の餃子の影響です!!最近は餃子女子「ぎょうじょ」なんて言葉もできるくらい餃子好きの女子も多いみたいですね!


そんな高鍋町のおすすめのグルメスポットと観光地を紹介したいと思いました。

小さい町ですので、車での移動でもよいですが、自転車でも十分周れます。

おいしいグルメ、サーフィンなどのマリンスポーツ、ちょっと変わったB級スポットなどたくさんの楽しみ方があります。



高鍋のカキを堪能
1日目 12:00 カキ料理たかしま

高鍋町にある蚊口浜は海浜公園のキャンプ場やサーフスポットとして県内だけでなく県外のサーファーにも人気スポット。夏場は家族連れも多くとてもにぎわいます。

そこに隣接する、牡蠣料理・海鮮料理が食べることができるお店です。


児湯(こゆ)郡高鍋町は宮崎県中央の日向灘に面した町。蚊口浦地区の沖合は天然牡蠣の絶好の漁場で、新鮮な牡蠣を使ったグルメを味わえるのが高鍋町の魅力です。


毎日、店主自ら蚊口浜で獲る天然岩牡蠣は、小粒ながら、濃厚でクリーミーな味わい。

焼き牡蠣、牡蠣フライはもちろん、牡蠣のエキスがたっぷり入った牡蠣めしは絶品です。

店外テラスでは、海鮮BBQも楽しめますし、隣接している公園もあり一日中遊べるスポットになっています。


 




安くても大満足のパフェ♪
1時間 15:00 津久見屋果實店

高鍋町の果物屋さん兼フルーツパーラー。


ボリュームたっぷりのパフェは見た目も大満足でインスタ映え間違いなし!コストパフォーマンスよし。

どのパフェも1000円以内!都会では絶対この値段では食べれないですよ!


時間帯によっては順番待ちの方も多く、人気の果物などは売り切れになってしまうほど。

宮崎名産のマンゴーを使ったパフェはもちろん、季節ごとのフルーツを使用した、パフェやジュースが楽しめます。

おすすめは、マンゴーパフェともものパフェ(季節限定)。


駐車場が少ない(2~3台分)ためお時間帯によっては注意が必要ですね!



 



高鍋の夕焼けを満喫
1時間 17:00 高鍋大師

高鍋町の絶景スポット。高鍋大師は東都原台地(持田古墳群)の南端、持田の町並みを見下ろす高台にあります。

持田古墳群の霊を慰めるために故岩岡保吉さんが開山。

岩岡氏自身が刻んだ石像が大小700体以上もあります。


まずは小さいが独特な雰囲気のある石仏群が姿をあらわし、そこから先が太平洋まで見渡せる高台に立ち並ぶ大きな石仏群と並んでいます。


なかには6メートルを超える巨大なものもありまるで大魔神の様な異様だが、ちょっとユニークな顔立ちも・・・。

町北部の丘陵地に位置し、日向灘も一望できる絶景地。

日の出を見るのもオススメです。


高鍋町のご当地キャラクター“たか鍋大使くん”のモチーフになった石像がある場所。






餃女は絶対行ってほしい餃子のお店①
1時間 18:00 餃子の馬渡

実は宮崎の餃子消費量は総務省が行っている家計消費調査でも毎回トップ3に入るほど多いのです。もちろん私も餃子女子です♪


それをけん引するのが高鍋町を代表する、餃子専門店のひとつ餃子の馬渡。


その日使用する分のみ手作りする、こだわり餃子で独特なモチモチの皮がパリッとこんがり焼かれており、女性でも1人前をペロッと食べることができます。


地元の人はお持ち帰り注文も多く、週末となるとたくさんの人が来店しています。

店舗前の駐車場は2~3台分しかないですが、店舗裏にも

駐車場があるのでそちらを利用するとよいです。宮崎市内でも店舗がいくつかあるのでぜひ立ち寄ってみてほしいです。








餃女は絶対行ってほしい餃子のお店②
1時間 19:30 たかなべ餃子

こちらも高鍋町を代表する餃子店のひとつ。「たかなべの餃子」

同じく、皮もあんもその日使用分を手作りしています。


薄めの皮で小さなお子様やお年寄りでもぱくぱく食べられます。

店舗では餃子の他、炒飯やエビチリなど中華料理も楽しむことができます。

なかでも、上海棒ギョーザは海老と大葉の相性が抜群。


店舗特製、五香辣油(うーしんらーゆ)をつけて食べると、よりおいしくなりますよ。

姉妹店(炊き餃子 㐂八郎)では、炊き餃子が食べられます。






旅の終わりに

小さな町なので、移動距離が少なくストレスフリーです。宮崎市内からも簡単に来れますのでぜひ半日はこちらに来てほしいですね!!今回のご紹介の旅は、高鍋町の特産品を堪能できるグルメ旅となりました。


津久見屋果實店、たかなべギョーザ、餃子の馬渡は近くにありますので、城下町情緒の漂う商店街を散策しながら店舗へはしごするとよいと思います。


今回紹介した餃子店以外にも餃子を提供するお店は、高鍋町内で20店舗ほどあるそうです。これから、栃木県宇都宮市や静岡県浜松市と並ぶ“餃子のまち”として注目されそうです。


おいしい食べ物がたくさんあるので、高鍋町に行かれる際はおなかを空かして行くことをオススメします(笑)

小さな町なので、移動距離が少なくストレスフリーです。宮崎市内からも簡単に来れますのでぜひ半日はこちらに来てほしいですね!!






  1
  0
シェアチケット企画部のアカウントです。
私達からみなさまへ、オススメしたい旅行プランをご紹介させて頂きます^^
コメント
0